iDeCo(イデコ)とは?iDeCoの特徴をわかりやすく

投資
Alexas_FotosによるPixabayからの画像
スポンサーリンク

iDeCo(イデコ)とは

iDeCoは2001年にスタートした個人型確定拠出年金です。iDeCoは私的年金の制度で、加入は任意です。
加入した場合、毎月口座から引き落とされた掛金が所得控除になるため、節税しながら積み立てることができます。

iDeCoは20歳以上60歳未満の国民年金1号~3号の被保険者が加入できます。

iDoCoの簡単なまとめ図

iDeCo
運用期間60歳まで
投資上限額職業によって異なる
節税のメリット運用益が非課税、投資した金額が課税時に
所得から控除される。受取時も一定額まで非課税
途中換金原則60歳まで不可
運用できる商品投資信託・定期預金
商品の購入方法積立に限定

iDecoの特徴

Alexas_FotosによるPixabayからの画像

iDeCoの運用期間は60歳までとなっています。
iDeCoは年金なので原則60歳にならないと掛金を引き出せない為、無理のない範囲で掛金を設定する必要があります。

iDeCoの運用で得た利益に掛かる税金は、運用期間中に限り非課税になります。

iDeCoの掛金

iDeCoの掛金は最低5000円以上からで1000円刻みとなっています。
掛金の上限額はiDeCoへの加入資格の区分によって異なります。

所得控除になる

NISAが運用益のみ非課税なのに対し、iDeCoは運用益が非課税に加え、所得控除を利用することができます。これによって、所得税や住民税が安くなるメリットがあります。また、受取時も一定額まで非課税になります。

運用できる商品

運用できる商品は投資信託と定期預金です。iDeCoで利用できる金融機関は1社のみと決められていますので注意しましょう。

お金の受け取り方

iDeCoで積み立てたお金は60歳から70歳までの間に受け取ることになります。
受取方法は

  • 一度にまとめて受け取る一時金方式
  • 5年から20年といった期間にわたって毎年受け取っていく年金方式
  • 一時金と年金の組み合わせ

といった受け取り方ができます。

iDeCoを始めるなら証券会社に口座を開設しましょう。

タイトルとURLをコピーしました