欧米では一般的な投資指標である「DOE」を取り上げてみる

決算書を読む

DOEとは

「DOE(Dividend On Equity Ratio)は会社が自己資本に対し、どの程度利益配分を行っているかを示す指標で、次の式で表されます。

DOE=配当総額/自己資本=当期純利益/自己資本×配当総額/当期純利益

このようにDOEは株主から見た場合の自己資本利益率であるROE(当期純利益/自己資本の部分)と、利益の株主への還元である配当性向(配当総額/当期純利益)に分解することができ、DOEの高い銘柄とは、ROEか配当性向が高い銘柄と言えます。

DOEを高くするには

ROEはROAの要素である売上高純利益率と総資産回転率に財務レバレッジを乗じた値なので、DOEは次のように分解できます。

DOE=配当性向×ROE
DOE=配当性向×売上高純利益率×総資産回転率×財務レバレッジ

以上のように、DOEの構成要素は、配当性向、売上高純利益率、総資産回転率、財務レバレッジであることがわかります。

タイトルとURLをコピーしました