金(ゴールド)関連投資

投資
スポンサーリンク

金(ゴールド)の価値

金はそれ自体に価値がある「実物資産」です。
美しさと希少性があるので、世界中で価値が認められ、世界情勢に不安があるときでも、金は安心・安全な資産として親しまれてきた歴史があります。

金(ゴールド)関連投資の種類

  • 金地金(インゴッド)
  • 金投資口座
  • 純金積立
  • 金ETF(上場投資信託)

金地金とはインゴッドとも呼ばれ、金の延べ棒や金貨などが金地金にあたります。

金投資口座とは、将来の売買価格を決めて、一定の期間後に予め決めておいた金額で売り渡す、金の先物取引のことです。

純金積立は毎月一定額積み立てて、そのときの価格に基づき金を購入する運用方法です。

金ETFとは、金の価格に連動した上場投資信託のことです。

金の保管方法

純金積立の場合は、保管方法にも注目しましょう。

純金積立は毎月一定額積み立てて、そのときの価格に基づき金を購入する運用方法ですが、保管方法に「消費寄託」と「混合寄託」があります。

「消費寄託」の場合、金の所有権が運営会社にあるため、万が一運営会社が倒産したときに、金が戻らない可能性があります。

「混合寄託」の場合、金は専用金庫で保管されるので、運営会社が倒産したとしても、金が戻ってこない心配は要りません。
ただし、専用金庫の保管料が掛かる場合があるので、その分高くつく可能性があります。

タイトルとURLをコピーしました