投資を始める際に知っておきたい一般口座と特定口座|確定申告で違いがでる

未分類
TumisuによるPixabayからの画像

投資を始める際に、銀行や証券会社で投資専用口座を開設します。その時に「一般口座」「特定口座」のどちらで口座を開設するのか選ばないといけません。

今回は投資を始める前に知っておきたい「一般口座」「特定口座」の違いを取り上げます。

スポンサーリンク

確定申告

株式投資で利益が出た場合、投資家は確定申告を行う必要があります。しかし、1年間全ての取引記録を計算し、確定申告をするのは大変な手間が掛かります。
また、税務署の処理能力にも限界があるために導入されたのが「特定口座」です。

特定口座

特定口座は、証券会社が投資家の年間取引の損益計算をしてくれ、年間取引報告書を発行してくれます。また、特定口座には「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」の2種類があるので、それぞれ特徴をみていきましょう。

特定口座・源泉徴収あり

源泉徴収ありの口座は、証券会社が株の売買の都度、徴収していた源泉徴収納税額を税務署に納税してくれるので、確定申告の手間が掛かりません。

特定口座・源泉徴収なし

源泉徴収なしの口座は、証券会社が納税してくれることはありませんが、年間取引の損益計算をしてくれ、年間取引報告書を発行してくれるので、確定申告がスムーズに行えます。

一般口座

最後に一般口座を取り上げましょう。皆さんお気づきでしょうが、一般口座を選ぶと、投資家自身で年間の損益計算や確定申告までのすべてを行う必要があります。

このように、投資を始める際に必要な「一般口座」「特定口座」には確定申告での労力が変わってきます。一般口座を選ぶ人の多くは、確定申告の必要ない少額取引をされている方になります。

以上、今回は投資を始める際に必要な一般口座と特定口座の話でした。

タイトルとURLをコピーしました