ジュニアNISA(未成年者少額投資非課税制度)とは

投資
Nattanan KanchanapratによるPixabayからの画像
スポンサーリンク

ジュニアNISA

ジュニアNISA(未成年者少額投資非課税制度)は2016年1月にスタートした税制優遇制度です。子どもの将来の資産形成をサポートするために導入されました。

ジュニアNISAは利用対象が未成年者ということもあり、ジュニアNISA口座の運用管理者は親権者が代理で口座の管理を行います。

ジュニアNISAの特徴

ジュニアNISA
利用対象日本在住の0歳から19歳
非課税対象投資から得られる配当金・分配金・譲渡益
年間投資額の上限毎年80万円が上限
非課税期間最長5年
運用できる商品株・ETF・REIT・投資信託
損益通算できない
途中換金18歳まで払い出し制限がある

ジュニアNISAの年間投資額の上限は80万円となっていて、一般のNISAの120万円よりは少額となっています。
非課税期間が最長5年あるので、年間投資額上限の80万円×5年間で400万円分が非課税になります。

ジュニアNISAを始めるには

ジュニアNISAを始めるには、金融機関でジュニアNISA口座を開設する必要があります。また、口座開設には親権者も同様に専用口座を開設する必要があります。

タイトルとURLをコピーしました