マネタリーベースとマネーストック、そして信用乗数

未分類
NikolayFrolochkinによるPixabayからの画像
スポンサーリンク

マネタリーベース

市中に流通している現金と、銀行が日銀に預けている日銀当座預金(民間銀行が日銀に保有している当座預金)の残高合計をマネタリーベースといい、世の中に供給されている通貨の総量になります。

これは、日銀が市中の銀行から短期国債を売買したり、法定準備率を変更して直接コントロールできるお金です。

マネーストック

民間の銀行から個人や企業に供給されている通貨の総量のことをマネーストックといいます。

マネーストックは、民間の銀行がどのようにお金を貸し出すかによるので、中央銀行が直接コントロールすることはできません。そして、マネーストックをマネタリーベースで割ったものを信用乗数といいます。

信用乗数

マネタリーベース、マネーストック、信用乗数の関係を式で表すと「マネーストック=信用乗数×マネタリーベース」になります。

このことから、ニュースで聞く「日銀がマネタリーベースを増やせばマネーストックが増える」という考え方になります。

タイトルとURLをコピーしました