PBR(株価純資産倍率)で割安株を見つける

未分類
ijmakiによるPixabayからの画像

株を買うならできるだけ安く買いたい。しかし、株価チャートを見ても、株価が底かどうかを見極めるのは難しい。そんな時に使いたいのが「PBR」と「PER」の2つの指標です。この2つの指標を見れば、現在の株価が割安か割高かの判断がつくようになります。

今回は「PBR」を取り上げてみたいと思います。

PBR(Price Bookvalue Ratio:株価純資産倍率)とは

PBRは現在の株価が会社の純資産に対し、割安か割高かを判断する際に使われます。PBRの数値を求めるには、貸借対照表に表される純資産額を発行済みの株式数で割り、1株あたりの純資産額(BPS)を求めます。

会社の1株あたりの純資産と現在の株価を比較して、PBRが1倍なら株価と1株あたりの純資産が同額ということになります。PBRが1倍の時に会社が解散したとなると、純資産は出資者に戻るので、出資分がそのまま戻ってくることになります。

PBRが1倍を下回っている状態は、会社の持っている純資産よりも株価が割安ということになり、PBRが1倍を下回っている状態で会社が解散すれば出資分より多く戻ってくることになります。

1株あたり純資産額が1,000円の場合

   株価   BPS(1株あたりの純資産)PBR(株価純資産倍率)
 A社 1,300円1,000円1.3倍
B社1,000円1,000円1倍
C社800円1,000円0.8倍

この場合だとA社の株価に比べ、C社の株価は割安ということができます。PBRは銘柄を見ると必ず記載されているのでチェックしましょう。

以上、PBR(株価純資産倍率)で割安株を見つける方法でした。

タイトルとURLをコピーしました