円高・円安とは?|為替レートの基礎知識

未分類
200 DegreesによるPixabayからの画像

異なる通貨間で行われる為替取引を外国為替取引、通貨を交換するための市場を外国為替市場、通貨の交換比率を為替レートといいます。

為替レートは、「外国為替市場」で世界中の金融機関が為替の取引をすることで決まり、円を買いたい人が増えれば「円高」に、売りたい人が増えれば「円安」になります。

ニュースなどで為替レートに続いて説明される「円高」とは、円の価値が上がって、より少ない円で安くなった外貨を購入できることです。

例えば、1ドル=100円という為替レートは、100円で1ドルを購入できることを意味しますが、これが1ドル=90円になったら「円高」になったといいます。

「円安」はその逆で、円の価値が下がって外貨の価値が上がったことを意味し、
1ドル=100円から1ドル=110円に動いたら「円安」になったといいます。

経済状況が良好な国の通貨が高くなる傾向がありますが、、実際の為替市場では、輸出入や金利、経済指標、市場介入などさまざまな要因が値動きに影響を与えています。

また、円高と円安にはそれぞれメリット・デメリットがあり、どちらがいいとは一概にいえません。円高になると輸入品や海外旅行が安くなりますが、輸出品は外国での価格が高くなるので国際競争力が低下し、売りにくくなります。

一方、円安は輸出産業には有利となりますが、輸入品が高くなって売りにくくなります。ガソリンや食品などの価格が上がり、海外旅行費も高くなってしまいます。

日本は輸出産業に支えられているため、円高によって困ることが多いといえます。
円高に値動きするとニュースになるのはそのためです。

タイトルとURLをコピーしました