クラウドファンディング

未分類
Harry StraussによるPixabayからの画像

今や誰でも資金調達を行うことができるようになってきました。その典型例が「クラウドファンディング」です。

クラウドファンディングとは、店舗経営や商品開発などで資金を必要とする人に、不特定多数の人が支援を行うシステムのことで、2000年代の米国で始まりました。日本では、2011年に「CAMPFIRE」や「READYFOR」が登場し、市場は年々拡大しています。(クラウドファンディングは、群衆crowdと資金調達のfundingを組み合わせた造語)

資金調達はこれまでハードルが高く、誰でもできるものではありませんでした。通常は、銀行から融資を受けたり、ベンチャーキャピタルや知り合いなどからの出資を募ったりすることが必要で、求められる事業規模も大きくなりがちです。

ところが今ではクラウドファンディングの登場で、数十万円からの少額でも資金調達が気軽にできるようになりました。店舗経営や商品開発など、立案者のやりたいことが魅力として伝わり、共感してくれる人がいれば支援を受けることができます。

クラウドファンディングの良い点は、新しく何かを始めたい人の夢や希望を実現する手助けになることです。金融機関の融資などが仮に厳しくても、直接支援者を探し、新しいことにチャレンジすることが可能です。

クラウドファンディングには、支援者に物品やサービスを提供する「購入型」、金銭的リターンのない「寄付型」、資金提供する「融資型」、株式を発行する「株式型」、金銭的なリターンを提供する「ファンド型」、支援したい地域に寄付を行い、返礼品を受け取る「ふるさと納税型」の6形態があります。

日本では法の兼ね合いもあり、商品を買って支援する非投資タイプの「購入型」がクラウドファンディングの主流になっています。

タイトルとURLをコピーしました